屋上ミサイル

<イオ><エミスフェール><バンバン>届いてます…

昨日の夕立すごかったですね…
これでもう梅雨明けるのかな?
おかげで今日はいい天気…

そんな梅雨の合間に読んだ本で面白かったのが
山下貴光さんの「屋上ミサイル」…
                           okijou.jpg
世界にいろいろな事件が起こるけど、高校生の主人公たちにとって
守るべきものは屋上の平和…
彼らの周りに起こる事件を屋上の平和を守るために解決していく青春ミステリー…

「このミステリーがすごい大賞」受賞作…
高校の屋上から始まるこの物語、描写される屋上の風景がいい感じ…
キャラの違う4人の高校生たちが罰神様騒動やマドンナストーカー事件や
殺し屋との遭遇などなどいろんな事件に出会う…
やがてこれらの事件がすべて一つにつながっていく…

思えば昔はいろいろと屋上に上がれる建物がこの辺りにもいっぱいあったよなって…
ちょっとしたショッピングセンターの屋上遊園地とか、学校の校舎の屋上とか、
近くのビルの屋上とか…

屋上から見る風景って、どんなだったかなって思い出せないくらい
この頃は上がれる建物が少ないような気が…
いつも見ている風景も角度を変えると面白いものが見えるのかなって…
こんな天気の日にはどこかの屋上に上がって、空でも見てみようかな…
事件には出会わなくていいけどね…

というところで今日の試着は…
秋の新着が到着中だけど…
そんな中にマリンな感じの着易い<デイズベーシック>の七分袖のボーダーTシャツ…
<エルマフロディット>のボーイッシュなデニムで気楽に合わせちゃいましょ…
  blog.21.0716day-b.jpgblog.21.0716day-d.jpg
blog.21.0716day-e.jpgblog.21.0716day-f.jpg
Tshirt<Days Basic>                       ¥6,195-
Pants<Hermafrodite>                   ¥29,400-
Shoes<Clarks>                           ¥23,100-

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の色…パパ ユーアークレイジー

天気のいい日が続いてる…
つよい日差しのおかげで
山の緑の色もなんか透明感を感じるみたい…
いろんな色が綺麗に見える…

こんな色の綺麗な風景見てて思い出した本が…

「パパユーアークレイジー」 作 ウィリアム・サローヤン 新潮文庫

     blog20.7.30sara-j.jpg blog20.7.30sara-i.jpg
                            
 ↑こちらは講談社インターナショナル刊の英語版

ママと妹と離れてマリブの海の近くの家で暮らすことになった僕…
パパは10歳の僕に僕についての小説を書くように薦めて…
僕は海や月や太陽や船については知ってるけど、
僕自身や世界を知るにはどうしたらいいの?

おはなしも面白かったけど、
パパと僕の暮らすマリブの家の周りの風景の色が
なんとなく夏の色と重なる感じで思い出しちゃう…

いろんなお話が積み重なって語られる父子のお話…
寝苦しい暑い夜に爽やかに読めちゃうかな…

おんなじ作者でこちらは面白いママと娘の物語…
「ママアイラブユー」 作 ウィリアム・サローヤン 新潮文庫
              blog20.7.30sara-k.jpg
キラキラヒメと呼ばれてる9歳の女の子。
パパと別れてブロードウェイのスター女優を夢見るママ・ガールに連れられて、
カリフォルニアからニューヨークへ。
気まぐれなママ・ガールは、興奮したり悩んだりで大忙しだけど、
あたしはそんなママ・ガールが大好き。

こちらの感じはニューヨーク、ブロードウェーが舞台のせいか、
お部屋の中で台本の読み合わせしたりって感じで夜のイメージ…

この2編サローヤンの小説の中でもとても読みやすくて好きなんだけど…

一番好きなのは
「ロックワグラム」 作ウィリアム・サローヤン 新潮文庫
最近書店でもあまり見かけなくなって寂しい感じ…
もう絶版になってるのかな? いい本なのになぁ…

せっかく思い出したから、も一回読み直してみよっと…

というところで今日の試着は…
<サラウエア>のワンピースのご紹介…
前を開けて、インに<ベアトリス>の秋色キャミと太目のベルトでアクセント…
<イオ>おっきめのコサージュが可愛いでしょ…

         blog20.7.30sara-e.jpg
     blog20.7.30sara-a.jpgblog20.7.30sara-b.jpg
   blog20.7.30sara-d.jpgblog20.7.30sara-g.jpg
Onepieace<sarahwear>                          ¥17,640-
Skirt<Blue de Bresse>                            ¥15,750-
Camisole<BEATRICE>                             ¥5,775-
Belt<BEATRICE>                                    ¥13,650-
Bag<SI-HO SUP>                                   ¥12,600-
Leggings<io>                                        ¥12,390-
Accessories<io>                                    ¥11,550-
High-heeled shoes<Stephanie>                ¥18,900-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書週間…

波があるんです…

いっぱい読む読書家じゃないけど…
読み始めると2~3週間くらいはいろんな本を濫読…
読みかけの本が何冊も積みあがっていく感じ…

でも読まないときは手にも取らない…

しばらく読まない日が続いてたんだけど…
そろそろ読みたい気分がムクムクと…
でも何が読みたいのかが浮かんでこない…
本屋さん探検に行かなきゃ…

でもこういう時って忙しい頃と重なるんですよね…

ということは現実逃避で本の中に逃げ込んじゃうってことかも…

どうせそうなら楽しい本探そうっと…
良い本あったら教えてくださいね…

というところで今日の試着は…
<サラウェア>の小花プリントのブラウス…
<io>のシルエットのキレイなタンクトップで合わせて、
<サラウェア>のガウチョパンツでアクセントには
<シーホースプ>の黒のアミバッグでどう?

                    blog20.7.2sara-e.jpg
      blog20.7.2sara-a.jpgblog20.7.2sara-b.jpg
blog20.7.2sara-d.jpgblog20.7.2sara-f.jpg
Blouse<sarahwear>                       ¥9,345-
Tanktop<io>                                ¥7,340-
Pants<sarahwear>                       ¥12,390-
Bag<SI-HO SUP>                         ¥12,600-
Shoes<FEU DUN PHARE>                ¥16,800-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソリア・モリア城

先週の金曜日、小学校の図書館で本を借りる日…
何を借りようかと探すうちの6年生に、
柳井小学校の図書館の山中先生が手渡してくれた本が…

山中先生「はい、これっ面白いわよ…」
6年生
「(・ ・)」
何か訳がわからないままに借りて帰ってきたみたい…

その夜…
6年生「なんかお店のブログにボクが読みたい本とか書いた?」
トレフル「ううん、書いてないよ…」
6年生「変だな、山中先生がボクが読みたがってるって書いてあったからって
    本を貸してくれた…」
トレフル「
(・_・?) 」待てよ!読みたい本じゃなくて、読ませたい本なら書いたような気が…
どんな本なのかな?と見てみると…

ソリア・モリア城(北欧)
訳・瀬田貞二 絵 カイ・ニールセン イングリ&エドガー・ダウレア

「嫁さんネズミ 悪魔の生皮 青空山の三人の姫君たち すごうでオーリ
からだに心臓のない巨人 無敵のミッコ ソリア・モリア城
やもめの子 大鳥ダーム 木の服カーリ 日の東、月の西」

なになに、え~っと、北欧の昔話集…
あっ山中先生、やっぱり先週このブログを読んでくださったんだ…
http://blog.so-net.ne.jp/trefle22-0090/archive/20080114
だから、この本を…

昔読んだ北欧神話とは違うみたいだけど、面白そう…
「日の東、月の西」は有名なのかな?
これとは違う昔話集で読んだような記憶が…
6年生が読み終わったら、読ませてもらいますね…

山中先生、ありがとうございます…
また面白い本があったら、うちの子に教えてやってください…お願いします。


と楽しそうな本を紹介してもらった今日の試着は…
優しい気持ちになれそうなキレイナ花のプリントのブラウス…
<サラウェア>からのリバティプリントシリーズ…
<パドゥリオン>の春らしい綺麗なピンクのタートルネックでやわらか~い感じでね…
<フーダンフェ>のバッグもいい感じでしょ…

                                    

                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

myth

小さな頃、いとこの家からおさがりでもらった本…
4つ年上のいとこのお兄ちゃんの家からきたのは
「世界の神話」全集…

もちろん子供版で大きな文字、版画や切り絵の挿絵が楽しい本…
世界といっても多かったのはギリシャを中心にヨーロッパの国々…

その中で気に入ってよく読んでたのが北欧神話…
大好きでよく読んでたから、ウチの子供たちにも読ませたいなぁって…

でも結構探してみたんだけど児童図書でそんな神話の全集なんて
今は出版されてないみたい…
それどころか子供の頃、大好きだったSFや探偵小説も今は少ないの…

もちろん児童図書としていろいろと新しくて楽しいシリーズもいっぱい出てるんだけど…

別におんなじ本を読まなくても良いんだけど…
「コレ面白かったよ」って子供たちに教えてあげたいんだけどな…

どなたか北欧神話の子供版が出てるの知ってたら教えてくださいね…

というところで今日の試着は…
昨日に引き続いて<サラウェア>のリバティプリントのシャツ…
綺麗なブルー系の配色…
鳥や草花が散りばめられてる…
シンプルなボタンダウンでスッキリとしたシルエット…
ホントもう春になるんだなぁ…



| | コメント (2) | トラックバック (0)

掌の小説

本が好き…
だけどそんなに名作と云われる小説を読了してない…
あのノーベル賞作家の名作の誉れ高い「雪国」とか「伊豆の踊り子」とか…

だけど、「これ良いよ」って昔もらったこの本は時々読んでみてる…

「掌の小説」 川端康成 著 新潮文庫  ¥740-
40年にわたって川端康成氏が書き綴った122編からなる短編集…
2ページから10ページ程の短い頁の中に綴られるさまざまな物語…
こんな物語の一つ一つの積み重ね、重なり合いが人生なのかな…
なんて思ったり…

短いお話ばかりだからちょっと時間のある時に…
ちょっと気になったタイトルの短編を抜き出して…
ちょっとだけ読んでみてもいいかも…

今日の試着は昨日のワンピを撮った時の雰囲気が良かったから…
初M岡さんのお顔出し…
これだけ明るいとM岡さんって分かりませんよね? M川さん判定お願いします…

| | コメント (0)

南の島のティオ

秋になってちょっと忙しくなったかな?
夏休みのバタバタした感じとはちょっと違ってるんだけど…
なんかいろいろと起こっちゃう感じ…

そんな日を過ごしつつ、寝る前にはちょっと落ち着いて読書タイム…
バタバタした昼間と変って、少しゆっくり、優しく読める本はと思って、
手に取ったのが…

池澤夏樹さんの「南の島のティオ」
ティオは南の島に住む少年、彼の家は島のホテル…
ティオのホテルにはいろいろな人がやってくる…
受け取る人が必ず訪ねてくるという不思議な絵ハガキを作る「絵ハガキ屋さん」、
花火で「空いっぱいの大きな絵」を描いた黒い鞄の男などなど…
ティオとのいろいろな出会いを通して描かれる、
つつましいけれど心の豊かさに溢れた島の暮らし…
そんな優しい風景を切り取った短編集…
眠くなるまでちょっとずつ読んでみよっと…

という感じの今日の試着はシンプルに黒…
<エルマフロディット>のロングスカートでスッキリと…
こうして見ると「女王の教室」みたい…
カッコいいでしょ…


Cutsew<Sinequenone>=シネカノン color Black ¥6,510- レーヨン95%ポリウレタン5%
Skirt<Hermaphrodite>=エルマフロディット color CharcoalGray ¥23,100- コットン100%
Belt<BEATRICE>=ベアトリス color Black ¥10,290- 牛革

| | コメント (0)

本を眺めたいな…

本屋さんに行って…

面白い本あるかな?

あっこの題名面白そう…

へぇ~こんな本が出てるんだ~

とか思いながら本を眺めるのが好き…

何が欲しい、何が読みたいって訳じゃないけど…
本屋さんの本棚をツラツラ眺めながら本を探してると幸せ…

最近はネットなんかで本を買う人が増えてるらしいけど…
この本て決めてたら、ネットで買うのは便利だけど…

いろんな背表紙見ながら、タイトルを読んだり、
好きな作家さんの読んだことない本に出会ったり…
そんなこと本屋さんでしかできないよね…

でも最近の本屋さんには文庫本や単庫本やちょっと珍しい企画本のコーナーが少ない…
雑誌やマンガ、スピリチュアル系、ハウツー本は充実してるけど、
背表紙を眺めて楽しめるコーナーが減ってる…

ちょっと大きな都市の大きな本屋さんに行かないと、いろんな本に出会えない感じ…

小さな町の小さな本屋さんでも…
その本屋さん独特のセレクションで楽しい本棚作ってくれないかな…

たとえばミステリーならA書店、海外小説ならB書店、歴史の本ならC書店…

でも神田の古書店以外にこんな本屋さんはないんだから、
きっと商売にならないんだろうな…

でも近くに好きなセレクションの本屋さんがあったら、
毎日背表紙眺めて幸せ感じに行くのにな…

でも眺めるだけじゃ、本屋さん困っちゃうよね、やっぱり…

と今日は愚痴ったところで試着タイムへ…
<ボンビュータン>のブラウスのご紹介…
この季節の着まわしコーディネイトに使いやすくていい感じ…
はおった感じでもいいし、前ボタンを留めてスカートで合わせても良いよね…




Blouse<Bon Vieux Temps>=ボンビュータン  ¥12,600- ナイロン50%ポリエステル50%
Pants<sarahwear>=サラウェア color Black ¥14,490- コットン95%ポリウレタン5%
Cardigun<Hermaphrodite>=エルマフロディット color Kahki ¥18,900- ウール100%
Bag<TAMPICO>=タンピコ                      ¥17,850-

| | コメント (0)

アシモフ…黒後家蜘蛛の会

そんなに読書家じゃあないんだけど…
夜、寝る前には何か読んでる感じ…
買いためた本や借りてる本がいっぱいあるんだけど…
なかなか手が伸びないの…

そんな時、何回読んでも飽きずにおもしろい本が…


映画「アイ、ロボット」の原作などでも有名なアイザック・アシモフの短編ミステリー。

5人の職業も違う紳士(画家、数学の先生、情報局、特許弁理士など)が月に一回、
とあるレストランで会食するときに、ゲストを招く…
秘密厳守が決まりのその会でゲストがふと不思議に思ったこと、ちょっと巻き込まれた事件、
悩んでることなどを打ち明ける…
彼らはその一つ一つに出てくるミステリーを持ち前の博学と探究心で解明しようとするが、
なかなか答えが見つからない…
そんな時、その会食の世話をするウエイター、ヘンリーが皆に請われて、
「皆さんのお話をきいておりまして考えたのですが…」と語り始める…

ちょっとした謎解きが面白いの…
この本、創元推理文庫で5巻まで出てて、一つ一つが短いお話だから、
読みやすくてしかも楽しい謎解きで何回でも読めちゃう…
トレフルは高校生の頃に買って読んだんだけど、
しばらくするとまた忘れちゃってるから最初からって、もう何回も読んじゃってます…

この本、出てくる登場人物がみんなすごい博識…
こんなこと知ってる人居ないよ~って言いたくなるようなことまで知ってたりして…
こんな食事会あったら楽しいだろうなって思っちゃう…
でもこの会、女人禁制(一度だけきまりを破って女性がゲストで来たけど…)
なんですって、ちょっとつまんない…

今、この本、M岡さんがはまってて、お昼休みにちょっとずつ読んでるみたい…
ホントは読み始めると止まらないんだけど、ですって…

秋の夜長にちょっといいかも知れませんよ…

ということで今日の試着は…
<イオーユウコムラタ>のデニムジャケットのコーディネイト…
<アナカ>のドットプリントのスカートと合わせて
ピンクのエナメルメッシュバッグをポイントにして
カッコ可愛くいきましょ…


Jacket<io>=イオ  color Navy ¥37,800-  コットン100%
Skirt<Unaca>=アナカ color Navy  ¥17,850- コットン60%シルク40%
Bag<BEATRICE>=ベアトリス color Pink  ¥10,290-



| | コメント (0)

旅気分…旅地図…

青い空に白い雲…
気持ちいい空が広がってる…
お盆で帰省したりしてる人たちも
みんな良い一日を過ごせそう…

トレフルはこの時季帰省がなくなってしばらく経ちます…
こんな時、帰省や旅行してた頃のようにはいかないけど…
居ながらにしてちょっと旅行気分が感じられる本をちょっとご紹介…


大好きでよく読む池澤夏樹さんの私的旅行記というか彼の旅行遍歴エッセイ…
彼の著作は好きなんだけど旅に関する感覚はトレフルのそれとは全然違う…
それがとっても興味深くてつい読みふけっちゃう感じです…

自分の育った町、今住んでる町に愛着を感じて住み着いてしまうトレフルと違って…
自分の居場所を捜し求めて、「ここじゃないどこか」と自問しながら答えを探しに…
旅を続ける池澤夏樹さん…

そんな彼が旅というより、そこに住みながらその場所を感じる旅エッセイ…
ミクロネシア、ハワイイ、沖縄、ギリシャ、フランス…
いろんな土地との交流の中で感じたことを淡々と文字に綴る…

そこに居ることに意味を感じる?というかその場所で生活することが持つ何か…
いろいろ思っちゃうんですけど、うまく書けないから…
良かったら読んでみて…
面白いと思うんだけどな~この本…

というところで今日の試着は…
<アナカ>のブラウス&スカート…
大きなドット柄のブラウスにショート丈のデニムを合わせて着たり…
同柄のスカートでワンピ風にちょっとお出かけスタイル…
キレイにでもカジュアルにでもいけちゃう感じ…
トップスのフワッと感が良いでしょ…
でも着るとシルエットはとってもキレイに着こなせちゃう…
トレンドのゴールドのバッグでアクセント付けたら、こんな感じに…




Blouse<Unaca>=アナカ color Navy ¥16,800- コットン60%シルク40%
Skirt<Unaca>=アナカ color Navy  ¥17,850- コットン60%シルク40%
Bag<BEATRICE>=ベアトリス  color Gold &Silver  ¥6,195-
Pants<Serfontaine>=セルフォンティーン     ¥30,450- コットン98%ポリウレタン2%
Belt<BEATRICE>=ベアトリス color Black  ¥10,290-  牛革

| | コメント (2)

より以前の記事一覧